退職前に行なう転職の挨拶について

転職が決まれば得意先に対して挨拶をする事が必要となってきます。得意先に対して退職することを伝えなければなりません。

このときには、転職する理由を答える必要はありません。会社に対して不満があるから退職しようと考える人もいると思いますが、このようなことは言うべきではないでしょう。何か不満があって退職すると言ったときであっても、それまでお世話になった会社ですから、できることなら不満は言わないほうが良いです。

心の準備として、絶対に何も言わないと決めておくのが良いです。もしも聞かれた場合には家庭の事情としておくのが良いです。家庭環境が変わったために転職するというように言っておけば、今までお世話になった会社に対して迷惑をかけることもないでしょう。これがもっとも無難な方法です。

また、転職先の企業についても言うべきではないでしょう。今まで働いていた会社からすれば顧客を引き抜かれると言うことも考えられますから、これは言わないのがマナーだと考えておきましょう。もしも聞かれたのであればまだ未定であると伝えておくのが良い方法ですし、無難に乗り越えたいのなら「落ち着いてから改めて連絡させてもらいます」と言うのが妥当でしょう。

このようにして挨拶をする事が必要なのですが、もっとも大事なことは後任者を紹介することです。転職をすることで担当が変わるわけですから、取引先も準備が必要となってきます。後任者を紹介するときにも、頼りになる人材だと伝えておくのが転職のマナーです。

第二新卒 就活は楽ではないかもしれませんが、きちんとサポートしてくれるエージェントを使うことで、かなり効率よく就職活動を行えることは間違いないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です