どんな状況で過払い金の請求を検討するのでしょうか?新車が欲しいけれども

火曜日 , 30, 10月 2018 Leave a comment

カードローンやクレジットカードを利用することで借金地獄に陥る人が増えていると言われていますが、借金問題を解決するための方法としては債務整理が一般的となっており最初は任意整理から検討するのが基本となります。

しかし、任意整理をすることによってブラックリストに名前が入る制約を受けることになるので、将来的にクレジットカードを発行することや新車を購入するためのローンを組むこともできなくなる可能性もあるため、できれば任意整理以外で借金整理を検討したいものです。その先の生活も考えることも大事で、車を買い替えるタイミングを決めたり、できることであれば欲しい車やクレカでの買い物もできる状態の余地は残しておきたいものです。

過去に金融機関からお金を借りたことがあって返済し過ぎたお金が発生しているような場合は過払い金の請求をすることによってお金を取り戻すことができる場合もありますが、過払い金の請求はグレー金利ゾーン以上で借りたことがある人のほとんどに発生しています。
また、ヤミ金の利用などでしか発生してないのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、昔は消費者金融でも違法な貸し付けが横行していたので大手の消費者金融を利用していた場合でも過払い金が発生している可能性は大いにあります。
ただし、過去10年以内の借り入れに対してしか過払い金の請求をすることはできないルールになっているので場合によっては取り返すことができない場合もあります。
過払い金の請求方法については弁護士や司法書士などに相談して進めてもらうのが一般的ですが、取引に関する明細などが残っている場合は個人でも請求は可能です。

過払い金の請求の注意点ってどんなこと?

金融機関からお金を借りたことがある人や現在進行形で借りている人の中には違法金利でお金を借りてしまって払い過ぎたお金が発生しているケースもありますが、払い過ぎたお金については過払い金の請求をすることによって取り戻すことができる場合があります。
過払い金請求はグレー金利と呼ばれる部分のお金を取り返す行為ですが、誰でも発生しているというわけではなく銀行や非営利金融機関でお金を借りていた人に関しては払い過ぎたお金の存在はない場合がほとんどです。
一方で消費者金融や信販会社などでお金を借りたことがある場合は払い過ぎたお金が発生している可能性がありますが、借金問題を抱えている場合はお金を取り戻してそのお金を借金返済に充てることによって問題解決を図ることができる場合もあります。
任意整理と違って自分のお金を取り戻してそのお金で借金整理をするわけなのでブラックリストに名前が入るような制約を受けることも無いので安心して遂行することができます。

ただし、過払い金請求をしても全額戻ってくるとは限らないので、戻ってきたお金では十分に借金整理をすることができない場合については任意整理などの借金整理に頼る必要が出てきます。
借金整理の方法は任意整理に限らず他にもいろいろありますが、いろいろある借金整理の中で任意整理による方法だけが唯一裁判を不要としている方法なので、時間的にかかる負担も費用の負担についても少ないのが特徴になっています。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です